BLOG「獨評立論」

BLOG「獨評立論」です。ブログ名は「獨り評し論を立てる」の意。主にアジアを中心にニュースや体験などから「獨評立論」を行います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「経済発展方式転変」

  今更ながらの感がある上、自分の中でも体系立っての文章としての「立論」が行えていないが、ここに取り上げる。

  最近、と言うわけでもない。2009年度から見られたテーマだが、最近意識するキーワード「経濟發展方式轉變」に関する記事が増えている。これは言葉の通り、経済発展の構造の転換に関するテーマであり、ローエンドや模倣品から早期に脱却して産業構造を質的にも転換しようという課題の中から自然と生まれてくる話だ。外資依存の量的拡大のみではどうしようもないことは明白であるし、貧富の格差も拡大の一途を辿るだけであるがゆえに、自分たちで質的向上を目指し歪んだ構造を改善していかなければならない。

  しかし友人の言で私も納得せざるを得ないのだが、死語となった自力更生ではなく他力更生の改革開放の時代、貧富の拡大防止策として外資を誘致して農民工を雇ってもらおうという、自分たちで質的向上を計るなど毛頭考えていない連中は地方を中心に未だ多い。しかし他力更正でも現に社会矛盾と危険推移は経済発展とパラレルな形で進むわけで、実際に外資を誘致しても民工を雇うなんてことを出来るはずがない。経済理論学者や党のイデオローグ達は、紙面を見るだけでも今必死である。中国の病理、宿痾の縮図が表面化している状況である。
  そんなわけで中国共産党の広報サイト『中國共產黨新聞』『人民網』が中国共産党成立83周年に当たり立ち上げた大型特別サイト)では、「理論」欄においてテーマ「轉變經濟發展方式」専門ページがある。

  このテーマ「轉變經濟發展方式」関連の最近の記事を幾つか掲載する。これ以外にも多々見られ、中央でも地方でも意識されてはいるのだが…







 ◆以開發性金融服務經濟發展方式轉變
 └人民日報 2010-8-9
  └http://bit.ly/bsaAII
 └中華人民共和國工業和信息化部 2010-8-13
  └http://bit.ly/dfRTKF

  加快經濟發展方式轉變,是黨的十七大明確提齣的戰略任務,是深入貫徹落實科學發展觀的重要目標和戰略舉措,是事關經濟社會發展全局的重大戰略問題。特別是在當前世界經濟格局大變革大調整的形勢下,我國能否鞏固和擴大應對國際金融危機沖擊的成果,在新一輪國際競爭中搶佔製高點,促進經濟長期平穩較快發展,關鍵在于能否在加快經濟發展方式轉變上取得實質性進展。

  ………


 ◆加快推進經濟發展方式轉型
 └天水日報 2010-8-13
 └http://bit.ly/btBlZe

 ◆中注協13日在北京舉辦第四屆注冊會計師論壇
 └中央政府門戶網站(財政部網站) 2010-8-13
 └http://bit.ly/bt9Afd

  8月13日,中國注冊會計師協會在北京召開第四屆注冊會計師論壇。本屆論壇主題爲“拓展注冊會計師新業務領域服務我國經濟發展方式轉變”。財政部副部長王軍、中國注冊會計師協會會長劉仲藜、國資委副祕書長郭建新、中石油集團總會計師王國樑齣席論壇並發表主旨縯講。

  ………



 ◆加快經濟發展方式轉變・調研行 雲南紅河:"莽人"新居與"民生"財政

  

  自分も訪れたことのある紅河地区が取り上げられている。この地域では、「新高地」建設を目指しての経済的てこ入れも進められており、注目したい。








「この記事は好評価」なら… ⇒ 下のバナーをクリック!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ




雲南の少女 ルオマの初恋 [DVD]雲南の少女 ルオマの初恋 [DVD]
(2008/10/31)
リー・ミンヤン・チーカン

商品詳細を見る

スポンサーサイト
  1. 2010/08/13(金) 23:30:00|
  2. 獨評立論-中国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マラッカ海峡 | ホーム | 文革博物館・文革大辞典・文革学>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dupinglilun.blog134.fc2.com/tb.php/21-6679d9a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時計


BLOG「獨評立論」

BLOG「獨評立論」です。ブログ名は「獨り評し論を立てる」の意。筆不精ですが、主にアジアを中心にニュースや体験などから「獨評立論」を行います。

Author:DUPINGLILUN
一人の日本人です。一切の企業、団体、宗教等とは無関係です。/ngóa sī Ji̍p-pún-lâng kì-chiá./yat boon yan/JAPANESE

ブログランキング

ブログランキングに参加しております。良い記事であると御評価下さる方は、ぜひバナーのクリックを御願いします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
ブログ王へ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

獨評立論-未分類 (0)
獨評立論-中国 (23)
獨評立論-日本 (0)
獨評立論-朝鮮半島 (3)
獨評立論-東南アジア (7)
獨評立論-媒体 (2)
獨評立論-その他 (1)
シリーズ記事「謀略鐵路」 (10)
シリーズ記事「減速する中国の外交力と周辺地域動向」(未完) (16)
獨評立論-詩詞 (2)

過去記事全リスト

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

書棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。