BLOG「獨評立論」

BLOG「獨評立論」です。ブログ名は「獨り評し論を立てる」の意。主にアジアを中心にニュースや体験などから「獨評立論」を行います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マラッカ海峡封鎖を無効化する中国の戦略と、広東省の暴動

  現在、南シナ海が中国とベトナムの紛争という形で「ホットスポット」となり、日本でも尖閣以来の注目を集めている。

  6月5日の『中国評論』は「南海又成熱點 中國如何應對」と題してこの問題に対する中国側の意見を様々に論考しており、その中には様々に興味深い記述も見られる。具体的にいえば、中国は民衆レベルでは南シナ海での更なる強硬手段を望んでいるが、一方で政府は周辺国家との関係を破壊したくはないという指摘である。

  しかし原則として中国はこの海域における領有権を主張しているわけであり、基本的にこれを放棄することはあり得ない。

  1936年に晉察冀日報社から発行された中国共産党の文献には、以下のような記述がある。

  日本は朝鮮・台湾・琉球・澎湖諸島・旅順、イギリスはビルマ・ブータン・ネパール・香港、フランスは安南(ベトナム)、更にポルトガルの如き小国までもが我らの澳門を奪った。


  これこそが中華思想的な領土認識であり、失地恢復の狂乱的ナショナリズムに直結しているのである。

  そのような中、マニラからの情報によると、世界のシーレーンの中でも最重要な場所であり、チョークポイント[咽喉點]でもあるマラッカ海峡で米軍とアセアン五カ国が合同演習を行ったという。このニュースは中国は勿論、日本でも報道された。

  輸入する石油の80パーセントがマラッカ海峡を通過する[※]ため、これは非常に大きな意味を持ってくる。

  しかし中国は、その重みを知っているからこそ、マラッカ海峡封鎖を無効化する戦略をも進めている。

  これについてもいずれ書きたい。








  また、現在、広東省で三日間連続で暴動が起きているが、この背後にあるのは中国の政策の捩れにより悲鳴を上げている可哀そうな中国の労働者たちの悲鳴ではないか。

  暴動場所は以前、内職や工場含め世界の「ジーンズの産地」と形容された場所である。

  しかしながら内陸からも人々が出稼ぎに来ていたその場所は、今や中国の経済成長に伴って人件費も上がり、海外の企業はベトナムやバングラデシュへ移転を実行した。
  詳細は以前イギリスの『The Daily Telegraph)』紙が「The end of China's cheap denim dream」と題して報じていたが、この地区でかつて5千を数えたジーンズ工場も、現在はかなりの数が閉鎖したという。
その結果雇用は消滅し、現在の暴動の背景として少なからず影響を与えていると考えられる。
  こういったリスク、所謂「チャイナ・リスク」が有るが故に、海外の企業は工場を移転させて正解だったと言える。しかし、現地に於ける雇用の消滅が直接的に繋がっているとするならば、海外の企業が江場を移転させたが故にこのような暴動が発生したとも言える。いずれにしても中国経済のけん引役である広東省のこの動きは、中国の今後を考える際の一例としては、最悪のシナリオ通りではないだろうか。

  以前筆者は澳門から大陸中国の集落へ入ったが、そこでも現地の主婦が内職のジーンズを干していた姿を思い出す。彼女らは今も、路地裏に青いジーンズを連ねているだろうか。








「この記事は好評価」なら… ⇒ 下のバナーをクリック!

人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへにほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へブログ王へ




      
  1. 2011/06/15(水) 07:56:09|
  2. 獨評立論-東南アジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

時計


BLOG「獨評立論」

BLOG「獨評立論」です。ブログ名は「獨り評し論を立てる」の意。筆不精ですが、主にアジアを中心にニュースや体験などから「獨評立論」を行います。

Author:DUPINGLILUN
一人の日本人です。一切の企業、団体、宗教等とは無関係です。/ngóa sī Ji̍p-pún-lâng kì-chiá./yat boon yan/JAPANESE

ブログランキング

ブログランキングに参加しております。良い記事であると御評価下さる方は、ぜひバナーのクリックを御願いします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
ブログ王へ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

獨評立論-未分類 (0)
獨評立論-中国 (23)
獨評立論-日本 (0)
獨評立論-朝鮮半島 (3)
獨評立論-東南アジア (7)
獨評立論-媒体 (2)
獨評立論-その他 (1)
シリーズ記事「謀略鐵路」 (10)
シリーズ記事「減速する中国の外交力と周辺地域動向」(未完) (16)
獨評立論-詩詞 (2)

過去記事全リスト

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

書棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。